新築の家の内装

新築の家の内装については、ほんの少し高級感を意識して、思いきったものを取り入れることにしました。まず、洗面台については、外資系ホテルなどでよく使われている大理石を使っています。旅行で何度か外資系ホテルに泊まったときに大理石の洗面台はやっぱりよいなあと思ったからです。
また、リビングの床材は、ストーンっぽく見えるタイルで上品さや高級感を演出しました。とてもシンプルながらも美しさが感じられる床材なので、イメージどおりのリビングに仕上がっていると思います。私は古き良き時代に少しあこがれがあり、そういった雰囲気をリビングに取り入れたいと考えたのです。
家はやっぱり夢の空間にしたいので、あこがれていたものを全部取り入れてみました。実際に住んでみると、おしゃれなだけでなく居心地良く暮らせている気がします。少し高級感のある素材だと、見た目が美しいだけでなく、使い心地もよいのかなあと思います。妥協せずに好きなものに囲まれて暮らせるのは、とても幸せな毎日です。