物件を見る目を養う訓練をしました

私が新築一戸建ての住宅を購入する前に準備した事は、物件を見る目を養うための訓練です。
たくさんの家を見ることで、良い家、悪い家とまではいいませんが、自分が住むのにふさわしい家を見極められるようになると思ったからです。
そのため週末などの休みを利用して、住宅街を歩き回りました。
普段は街歩きをする時は、繁華街や商店街などを中心に歩きますが、この頃は住宅街ばかりを歩いていました。
すると徐々に、「この住宅街はいいな」とか「この住宅街は治安があまり良くなさそうだな」などと、住宅街ごとの特徴が見えてくるようになりました。
さらに個別に家を見て行くことで、住みやすそうな家や、家に必要な設備などもイメージできるようになりました。
友達の家や親せきの家にも積極的に足を運んで、家の中の研究もしました。
このような物件を見る目を養う訓練をしたせいか、満足できる素晴らしい家を購入する事ができたと思います。
家を購入する前に、おすすめしたい準備のひとつです。