マイホームで子供部屋を軽んじてはいけない

子育てのために一戸建てマイホームを建てるのでしたら、当たり前ですけれど家族の人数が決まってからです。もとい、子供の人数が決まってからということです。

もっと言えば、「絶対に一人っ子」だというのでしたら、子供が一人の段階で一戸建てマイホームを建ててもいいでしょう。しかし、「できれば二人子供が欲しい」と思っているのでしたら、子供部屋は二部屋で用意しておく方がいいでしょう。もしも子供が二人生まれなくても、一部屋ぐらいでしたら物置部屋にするなり家事室にするなり、ゲストルームにするなり、なんとでも活用用途もありますしね。

しかしその逆は、なかなか困ったことになりますよ。子供が一人のつまりで家づくりをして、しかし結局子供が二人となった場合です。もちろん喜ばしいことではあるのですが、しかし用意する子供部屋が同じ広さでなかった場合、トラブルが起きないとも限りませんからね。しかも子供って、大人になってからもずっと引きずっていたりもしますからね。

ですから、「子供部屋の広さはできるだけ同じく!」が大事なのです。そして、もっと言えば「子供の数が決まってから一戸建てマイホームを!」というところが望ましいかなーと思います。それぞれの事情でなかなかその通りはいかないものでしょうけれど。